慣用句

「目も呉れない」の意味

目も呉れない(めもくれない)は、まったく無視する、という意味の慣用句です。

見ることさえもしてくれないということから、まったく関心を示さないで無視するという意味で使われます。

たいていの場 ...

慣用句

「目に余る」の意味

目に余る(めにあまる)は、ひどくて黙って見ていられない、という意味の慣用句です。

「余る」は、能力や限度を超えているという意味。

それが「目」=見ると結びついて、あまりにひどくて見るに堪えない ...

慣用句

「目から鼻へ抜ける」の意味

目から鼻へ抜ける(めからはなへぬける)は、すぐれて賢い、という意味の慣用句です。

頭の回転の速さを、目から鼻までの非常に短い距離を通り抜けるときの素早さにたとえたものです。

頭の回転が ...

慣用句

「目が無い」の意味

目が無い(めがない)は、とても好きである、という意味の慣用句です。

何かに心を奪われて周りが見えなくなる様子から、その物がとても好きであるという意味を表します。

「~に目がない」という形で使わ ...

慣用句

「鼻であしらう」の意味

鼻であしらう(はなであしらう)は、相手を見下した冷淡な態度をとる、という意味の慣用句です。

「あしらう」は、相手にふさわしい応対をするという意味です。

それを「鼻」でするということで、相手 ...

慣用句

「木で鼻を括る」の意味

木で鼻を括る(きではなをくくる)は、無愛想な態度をとる、という意味の慣用句です。

「括る(くくる)」は「こくる」が転じたものであって、「こする」という意味です。

こちらの頼みごとや相談など ...

慣用句

「足を洗う」の意味

足を洗う(あしをあらう)は、よくない行い・仕事をやめる、という意味の慣用句です。

それまでのよくない行い・仕事をきっぱりやめて正業に就くときに使われます。

単に職業や仕事をやめるという意味で使 ...

慣用句

「顔に泥を塗る」の意味

顔に泥を塗る(かおにどろをぬる)は、恥をかかせて面目を失わせる、という意味の慣用句です。

「顔」は、面目や体面のこと。それに「泥を塗る」というのは、相手に恥をかかせたり迷惑をかけたりして面目を失わせる ...

慣用句

「顔から火が出る」の意味

顔から火が出る(かおからひがでる)は、恥ずかしくて顔が真っ赤になる、という意味の慣用句です。

非情に恥ずかしい思いをしたときは、顔に血が上って熱くなり、顔全体に赤みを帯びます。

その様子 ...

慣用句

「腹を括る」の意味

腹を括る(はらをくくる)は、覚悟を決める、という意味の慣用句です。

「腹」は、人の本当の心や考えがあるとされた体の部分。「括る」は、物事を一つにまとめるという意味です。

「腹を括る」で、何があ ...