紛らわしい語異字同訓

「生きる」と「活きる」の意味の違い

【生きる】命を保つ、生活する、有効である

【活きる】良さが引き出される

「生きる」と「活きる」は、どちらも「いきる」と読む異字同訓の語です。

「生きる」は、命を保つ ...

紛らわしい語同音異義

「生息」と「棲息」の意味の違い

【生息】生物が生活している

【棲息】動物が棲んでいる

「生息」と「棲息」は、どちらもセイソクと読む同音異義語です。

「生息」は、生物がその場所で生きて生活しているという ...

紛らわしい語同音異義

「慈善」と「次善」の意味の違い

【慈善】困っている人を援助する

【次善】最善に次ぐもの

「慈善」と「次善」は、ともにジゼンと読む同音異義語です。

「慈善」は、あわれみや情けをかけることを意味します。と ...

紛らわしい語異字同訓

「生かす」と「活かす」の意味の違い

【生かす】命を保たせる、役立たせる

【活かす】良さを引き出す、能力を発揮させる

「生かす」と「活かす」は、ともに「いかす」と読む異字同訓の語です。

「生かす」は、命 ...

紛らわしい語同音異義

「移行」と「移項」の意味の違い

【移行】他の状態に移っていく

【移項】項を他方の辺に移す

「移行」と「移項」は、どちらもイコウと読む同音異義語です。

「移行」は、物事がある状態から他の状態に移っていく ...

紛らわしい語同音異義

「偉功」と「偉効」の意味の違い

【偉功】すぐれた功績

【偉効】すぐれた効果

「偉功」と「偉効」は、どちらもイコウと読む同音異義語です。

「偉功」は、すぐれた功績、立派な手柄という意味です。偉勲(いくん ...

未分類,紛らわしい語異字同訓

「覚ます」「醒ます」「冷ます」の意味の違い

【覚ます】眠り・迷いから意識を取り戻す

【醒ます】酒の酔いをのぞく

【冷ます】温度を下げる、興奮を落ち着かせる

「覚ます」「醒ます」「冷ます」は、いずれも「 ...

紛らわしい語異字同訓

「覚める」「醒める」「冷める」「褪める」の意味の違い

【覚める】眠り・迷いの状態が終わって意識が戻る

【醒める】酒の酔いが消える、意識がはっきりする

【冷める】冷たくなる、感情・興味が薄れる

【褪める ...

紛らわしい語同音異義

「統括」と「統轄」の意味の違い

【統括】一つにまとめる

【統轄】統一して治める

「統括」と「統轄」は、どちらもトウカツと読む同音異義語です。

「統括」は、いくつか分かれているものを一つにまとめることを ...

紛らわしい語異字同訓

「火」と「灯」の意味の違い

【火】物が燃える現象

【灯】照明となる光

「火」と「灯」は、どちらも「ひ」と読む異字同訓の語です。

「火」は、物が燃えて光や熱が出る現象を意味します。ほのお。また、比喩的に ...