紛らわしい語同音異義

「体勢」「態勢」「大勢」の意味の違い

【体勢】からだの構え

【態勢】準備し身構えた状態

【大勢】おおよその形勢

「体勢」「態勢」「大勢」は、いずれもタイセイと読む同音異義語です。

「体勢」 ...

紛らわしい語異字同訓

「花」と「華」の意味の違い

【花】植物のハナ、見栄えするもの

【華】きらびやかで人目をひくこと・もの

「花」と「華」は、ともに「はな」と読む異字同訓の語です。

「花」は、植物が咲かせるハナを意味します ...

紛らわしい語異字同訓

「満たす/満ちる」と「充たす/充ちる」の意味の違い

【満たす/満ちる】いっぱいにする

【充たす/充ちる】十分に与える

「満たす/満ちる」と「充たす/充ちる」は、ともに「みたす/みちる」と読む異字同訓の語です。

紛らわしい語異字同訓

「惨い」と「酷い」の意味の違い

【惨い】非常に痛ましい

【酷い】相手の苦しみを気にしない

「惨い」と「酷い」は、ともに「むごい」と読む異字同訓の語です。

「惨い」は、あまりにもひどくて見るにたえないほ ...

紛らわしい語同音異義

「思案」「試案」「私案」の意味の違い

【思案】あれこれ考える

【試案】ためしに考えた案

【私案】個人の考え

「思案」「試案」「私案」は、いずれもシアンと読む同音異義の語です。

「思案」は、 ...

紛らわしい語異字同訓

「煩う」と「患う」の意味の違い

【煩う】悩み苦しむ

【患う】病気になる

「煩う」と「患う」は、ともに「わずらう」と読む異字同訓の語です。

「煩う」は、心の中で悩んだり苦しんだりすることを意味します。

紛らわしい語異字同訓

「他」と「外」の意味の違い

【他】それとは別のもの

【外】ある範囲から出たところ

「他」と「外」は、ともに「ほか」と読む異字同訓の語です。

「他」は、それとは別のもの・ところという意味です。具体的に異 ...

紛らわしい語異字同訓

「預かる」と「与る」の意味の違い

【預かる】引き受けて保管・管理する、保留する

【与る】関係する、受ける

「預かる」と「与る」は、どちらも「あずかる」と読む異字同訓の語です。

「預かる」は、一時的に保 ...

紛らわしい語異字同訓

「空く/空ける」「開く/開ける」「明く/明ける」の意味の違い

【空く/空ける】からになる、空白ができる

【開く/開ける】ひらく、営業を始める

【明く/明ける】ある期間が終わる

「空く/空ける」「開く/ ...

紛らわしい語異字同訓

「打つ」「撃つ」「討つ」の意味の違い

【打つ】強く当てる・たたく、行う

【撃つ】射撃する

【討つ】攻め滅ぼす

「打つ」「撃つ」「討つ」は、いずれも「うつ」と読む異字同訓の語です。

「打つ」 ...