紛らわしい語同音異義

「民族」と「民俗」の意味の違い

【民族】文化を共有する人間集団

【民俗】民間の習俗・芸能など

「民族」と「民俗」は、どちらもミンゾクと読む同音異義語です。

「民族」は、言語・習俗・宗教などの文化内容を ...

紛らわしい語同音異義

「未踏」と「未到」の意味の違い

【未踏】誰も足を踏み入れたことがない

【未到】記録・業績がいまだ到達しない

「未踏」と「未到」は、どちらもミトウと読む同音異義語です。

「未踏」は、誰もまだ、その地に足 ...

紛らわしい語同音異義

「補習」と「補修」の意味の違い

【補習】不足を補うために学習する

【補修】破損した箇所などを直し補う

「補習」と「補修」は、どちらもホシュウと読む同音異義語です。

「補習」は、正規の授業だけでは勉強不 ...

紛らわしい語同音異義

「編成」と「編制」の意味の違い

【編成】個々を集めてまとめる

【編制】団体・軍隊を組織する

「編成」と「編制」は、どちらもヘンセイと読む同音異義語です。

「編成」は、個々のものを集めて統一ある組織体に ...

紛らわしい語同音異義

「編集」と「編修」の意味の違い

【編集】雑誌・新聞・書物・映画などをつくる

【編修】歴史書・辞典・教科書などをつくる

「編集」と「編修」は、どちらもヘンシュウと読む同音異義語です。

「編集」は、一定の ...

紛らわしい語異字同訓

「記す」と「印す」の意味の違い

【記す】文字を書き留める、覚えておく

【印す】痕跡をのこす、しるしを付ける

「記す」と「印す」は、どちらも「しるす」と読む異字同訓の語です。

「記す」は、文字・記号を書 ...

紛らわしい語同音異義

「敷設・布設」と「付設」の意味の違い

【敷設・布設】広い範囲に設置する

【付設】付属させて設ける

「敷設・布設」と「付設」は、どちらもフセツと読む同音異義語です。

「敷設」も「布設」も、鉄道・ガス管・ ...

紛らわしい語同音異義

「表示」と「標示」の意味の違い

【表示】はっきり表し示す

【標示】目印として示す

「表示」と「標示」は、ともにヒョウジと読む同音異義語です。

「表示」は、そのものが何であるかをはっきりと外部に表して示 ...

紛らわしい語同音異義

「表記」と「標記」の意味の違い

【表記】文字・記号で書き表す

【標記】目印としてしるす、標題

「表記」と「標記」は、どちらもヒョウキと読む同音異義語です。

「表記」は、文字や記号で書き表すことを意味し ...

紛らわしい語同音異義

「微小」と「微少」の意味の違い

【微小】非常に小さい

【微少】非常に少ない

「微小」と「微少」は、ともにビショウと読む同音異義語です。

「微小」は、非常に小さい・細かいという意味で、人間の感覚では直接 ...