紛らわしい語

紛らわしい語

「異郷」と「異境」の違い

「異郷」と「異境」の意味の違い 【異郷】生地でない土地 【異境】他国・外国 「異郷」と「異境」は、どちらもイキョウと読む同音異義語です。 「異郷」は、自分の生地(故郷・母国)でない他所の土地という意味です。他郷、異...
紛らわしい語

「天外」と「天涯」の違い

「天外」と「天涯」の意味の違い 【天外】空のはるか彼方 【天涯】故郷から遠く離れた所 「天外」と「天涯」は、ともにテンガイと読む同音異義語です。 「天外」は、天の外、空のはるか彼方、非常に高いまたは遠い所という意味...
紛らわしい語

「消失」と「焼失」の違い

「消失」と「焼失」の意味の違い 【消失】消えてなくなる 【焼失】焼けてなくなる 「消失」と「焼失」は、どちらもショウシツと読む同音異義語です。 「消失」は、存在していたものが消えて無くなることを意味します。 ...
紛らわしい語

「区切る」と「句切る」の違い

「区切る」と「句切る」の意味の違い 【区切る】境をつけて分ける 【句切る】言葉をまとまりで切る 「区切る」と「句切る」は、どちらも「くぎる」と読む異字同訓の語です。 一般には、これらの二つの語は、意味が区別されるこ...
紛らわしい語

「提示」と「呈示」の違い

「提示」と「呈示」の意味の違い 【提示】差し出して見せる、内容を示す 【呈示】身分証・証券などを見せる 「提示」と「呈示」は、どちらもテイジと読む同音異義語です。 「提示」は、その場で差し出して見せること、相手に内...
紛らわしい語

「発砲」「発報」「発泡」の違い

「発砲」「発報」「発泡」の意味の違い 【発砲】銃・砲で撃つ 【発報】警報を発する 【発泡】泡が生じる 「発砲」「発報」「発泡」は、いずれもハッポウと読む同音異義語です。 「発砲」は、銃や砲で撃つことを意味しま...
紛らわしい語

「線上」「線条」「線状」の違い

「線上」「線条」「線状」の意味の違い 【線上】線の上、物事の分かれ目 【線条】線・すじ 【線状】線のような形 「線上」「線条」「線状」は、いずれもセンジョウと読む同音異義語です。 「線上」は、線の上、また、物...
紛らわしい語

「伏せる」と「臥せる」の違い

「伏せる」と「臥せる」の意味の違い 【伏せる】下に向ける、隠す 【臥せる】病気で寝込む 「伏せる」と「臥せる」は、どちらも「ふせる」と読む異字同訓の語です。 「伏せる」は、顔や目などを下に向ける、うつむかせるという...
紛らわしい語

「入れる」「容れる」「淹れる」の違い

「入れる」「容れる」「淹れる」の意味の違い 【入れる】外から中へ移動させる 【容れる】空間に収める、主張を認める 【淹れる】茶やコーヒーなどを作る 「入れる」「容れる」「淹れる」は、いずれも「いれる」と読む異字同訓...
紛らわしい語

「不全」と「不善」の違い

「不全」と「不善」の意味の違い 【不全】活動が十分でない 【不善】よくないこと 「不全」と「不善」は、どちらもフゼンと読む同音異義語です。 「不全」は、物事の活動状況が十分でないことを意味します。不完全。 「...
タイトルとURLをコピーしました