紛らわしい語同音異義

「公言」「広言」「巧言」の意味の違い

【公言】堂々と言う

【広言】口にまかせて言う

【巧言】ことば巧みに言う

【高言】えらそうに言う

「公言」「広言」「巧言」「高言」は、いずれもコウゲンと ...

紛らわしい語

「元日」と「元旦」の意味の違い

【元日(がんじつ)】1年の最初の日

【元旦(がんたん)】元日の朝

「元日」と「元旦」は、よく似た語ですが意味にすこし違いがあります。

「元日」は、1年の最初の日、すなわ ...

紛らわしい語同音異義

「採決」と「裁決」の意味の違い

【採決】表決の手続きをする

【裁決】道理を明らかにしてさばく

「採決」も「裁決」も、どちらもサバクと読む同音異義語です。

「採決」は、会議体において議案の採否を決定する ...

紛らわしい語同音異義

「凡例」「判例」「反例」の意味の違い

【凡例】巻頭にある方針・使い方

【判例】裁判の実例

【反例】命題が成り立たない例

「凡例」「判例」「反例」は、いずれもハンレイと読む同音異義語です。

...

紛らわしい語

「警視庁」と「警察庁」の意味の違い

【警視庁(けいしちょう)】東京都の警察本部

【警察庁(けいさつちょう)】警察行政に関する中央機関

「警視庁」は、東京都に置かれた警察行政の本部を指します。各都道府県には警察行政 ...

紛らわしい語

「詐取」と「搾取」の意味の違い

【詐取(さしゅ)】金品をだまし取る

【搾取(さくしゅ)】しぼりとる

「詐取」は、他人をだまして金品などを得ることを意味します。詐欺(さぎ)。盗み取る場合には、「盗取(とうしゅ)」。 ...

紛らわしい語同音異義

「不要」と「不用」の意味の違い

【不要】必要でない

【不用】使わない、役に立たない

「不要」も「不用」も、ともにフヨウと読む同音異義語です。

「不要」は、要らないことを意味します。対義語は、「必要(ひ ...

紛らわしい語

「修業」と「修行」の意味の違い

【修業(しゅうぎょう)】学芸を習い修める

【修行(しゅぎょう)】仏道を修める

「修業」は、シュウギョウと読み、学校などで決まった教育を受けることによって学術・技芸を身に着けることを ...

紛らわしい語同音異義

「想像」と「創造」の意味の違い

【想像】頭の中に思い描く

【創造】新しくつくり出す

「想像」と「創造」は、ともにソウゾウと読む同音異義語です。

「想像」は、実際に見たり聞いたりしていない(できない)こ ...

紛らわしい語同音異義

「機械」と「器械」の意味の違い

【機械】動力装置をもつしかけ

【器械】動力装置をもたない道具

「機械」と「器械」は、ともにキカイと読む同音異義語です。

「機械」は、動力を発生させる装置(例、エンジン・ ...