同音異義

紛らわしい語

「成形」と「整形」の違い

「成形」と「整形」の意味の違い 【成形】形をつくる 【整形】形をととのえる 「成形」と「整形」は、いずれもセイケイと読む同音異義語です。 「成形」は、形をつくることを意味します。とくに型にはめてつくる場合は、「成型」の語を用いることもありま...
紛らわしい語

「移動」と「異動」の違い

「移動」と「異動」の意味の違い 【移動】位置が変わる 【異動】職務・地位が変わる 「移動」と「異動」は、ともにイドウと読む同音異義語です。 「移動」は、そのものの存在する位置が変わること、位置を変えることを意味します。 「異動」は、職務や地...
紛らわしい語

「主旨」と「趣旨」の違い

「主旨」と「趣旨」の意味の違い 【主旨】中心的な意味・内容 【趣旨】何かをするときの考え方、目的・理由 「主旨」も「趣旨」も、ともにシュシと読む同音異義語です。 「主旨」は、文章や談話などの中心となる意味・内容、言おうとしている事柄を意味し...
紛らわしい語

「所用」と「所要」の違い

「所用」と「所要」の意味の違い 【所用】用事 【所要】必要とすること 「所用」も「所要」も、どちらもショヨウと読む同音異義語です。 「所用」は、用事・用件の意味をあらわします。誰かが用いることという意味で使われることもあります。 「所要」は...
紛らわしい語

「既成」と「既製」の違い

「既成」と「既製」の意味の違い 【既成】事柄がすでに存在している 【既製】品物がすでに仕上がっている 「既成」と「既製」は、ともにキセイと読む同音異義語です。 「既成」は、事柄がすでに出来上がっていて、世の中によく知られた存在となっているこ...
紛らわしい語

「保障」「保証」「補償」の違い

「保障」「保証」「補償」の意味の違い 【保障】侵害から守る 【保証】確かだと請け合う 【補償】損害をつぐなう 「保障」「保証」「補償」は、いずれもホショウと読む同音異義語です。 「保障」は、権利や自由、安全を他者からの侵害から守ることを意味...
紛らわしい語

「作成」と「作製」の違い

「作成」と「作製」の意味の違い 【作成】内容を考えてつくる 【作製】道具や機械を用いてつくる 「作成」と「作製」は、どちらもサクセイと読む同音異義語です。 「作成」は、書類や文章、計画などの内容を考えて生み出すという意味です。思考する...
紛らわしい語

「製作」と「制作」の違い

「製作」と「制作」の意味の違い 【製作】実用的なものをつくる 【制作】芸術的なものをつくる 「製作」と「制作」は、どちらもセイサクと読む同音異義語です。 「製作」は、道具や機械をつかって実用的な物・工業品をつくる、量産するという意味です。 ...
紛らわしい語

「対象」「対称」「対照」の違い

「対象」「対称」「対照」の意味の違い 【対象】目標となるもの、相手 【対称】対応しあってつりあう 【対照】比べあわせる 「対象」「対称」「対照」は、いずれもタイショウと読む同音異義語です。 「対象」は、なんらかの働きかけを行う目標となるもの...
紛らわしい語

「更生」と「更正」の違い

「更生」と「更正」の意味の違い 【更生】立ち直る 【更正】誤りを正す 「更生」と「更正」は、どちらもコウセイと読む同音異義語です。 「更生」は、本来は生きかえる、よみがえるという意味で、蘇生(そせい)・再生と同義です。そこから、好ましくない...
タイトルとURLをコピーしました