紛らわしい語同音異義

「凡例」「判例」「反例」の意味の違い

【凡例】巻頭にある方針・使い方

【判例】裁判の実例

【反例】命題が成り立たない例

「凡例」「判例」「反例」は、いずれもハンレイと読む同音異義語です。

...

未分類同音異義

「試問」と「諮問」の意味の違い

【試問】試験のために質問する

【諮問】意見を求める

「試問」も「諮問」も、どちらもシモンと読む同音異義語です。

「試問」は、試験のために質問すること、質問形式で試験をす ...

未分類同音異義

「連携」と「連係」の意味の違い

【連携】連絡をとって協力しあう

【連係】密接な関係をもつ、つながる

「連携」と「連係」は、ともにレンケイと読む同音異義語です。

「連携」は、目的を同じくするもの同士がお ...

未分類同音異義

「節制」と「摂生」の意味の違い

【節制】ひかえめにする

【摂生】健康に注意する

「節制」も「摂生」も、どちらもセッセイと読む同音異義語です。

「節制」は、食事や飲酒、喫煙の量をひかえて度を超えないよう ...

未分類同音異義

「首席」と「主席」の意味の違い

【首席】最上位(の人)

【主席】(政治組織の)最高責任者

「首席」と「主席」は、どちらもシュセキと読む同音異義語です。

「首席」は、最上位(第一位)の地位・身分、または ...

未分類同音異義

「究明」と「糾明」の意味の違い

【究明】つきつめて明らかにする

【糾明】悪事を問いただす

「究明」と「糾明」は、ともにキュウメイと読む同音異義語です。

「究明」は、物事をどこまでもつきつめて本質や原因 ...

未分類同音異義

「歓声」と「喚声」の意味の違い

【歓声】よろこんで叫ぶ声

【喚声】興奮して叫ぶ声

「歓声」も「喚声」も、ともにカンセイと読む同音異義語です。

「歓声」は、喜んだときの叫ぶ声を意味します。歓呼(かんこ) ...

未分類同音異義

「普段」と「不断」の意味の違い

【普段】日ごろ

【不断】絶え間ない

「普段」も「不断」も、ともにフダンと読む同音異義語です。

「普段」は、いつも、日ごろからそのような状態であるという意味です。平生(へ ...

未分類同音異義

「沈痛」と「鎮痛」の意味の違い

【沈痛】心をいためる

【鎮痛】痛みを抑える

「沈痛」と「鎮痛」は、ともにチンツウと読む同音異義語です。

「沈痛」は、深い悲しみや心配のために心を痛めている様子を意味しま ...

未分類同音異義

「感知」と「関知」の意味の違い

【感知】直感的に知る

【関知】関係をもって知る

「感知」と「関知」とは、どちらもカンチと読む同音異義語です。

「感知」は、直感的になにかを知る、気づくことを意味します。 ...