異字同訓

「努める」「務める」「勤める」の意味の違い

【努める】 努力する

【務める】 任務を果たす

【勤める】 勤務する

「努める」「務める」「勤める」は、それぞれツトメルと読む異字同訓の語です。

異字同訓

「乾く」と「渇く」の意味の違い

【乾く】水分がなくなる

【渇く】水がほしくなる

「乾く」と「渇く」は、どちらもカワクと読む異字同訓の語です。

「乾く」は、水分・湿気がなくなる意味です。そこから、温かみ ...

異字同訓

「初め」と「始め」の意味の違い

【初め】ものごとの最初

【始め】ものごとの開始

「初(はじ)め」は、ある期間の早い段階、ものごとの最初という意味をあらわします。

「始(はじ)め」は、ある時点から新たな ...

異字同訓

「勧める」と「薦める」の意味の違い

【勧める】行為をうながす

【薦める】人・物を推(お)す

「勧(すす)める」は、あることをするように相手に説く、そうするように促(うなが)すという意味をあらわします。「奨(すす) ...

異字同訓

「町」と「街」の意味の違い

【町】家々が密集する地域

【街】商店が立ち並ぶ通り

「町」と「街」は、ともにマチと読む異字同訓の語です。

「町」は、多くの家々が密集している地域を指します。都会の意味です。 ...

異字同訓

「即する」と「則する」の意味の違い

【即する】現実の事態に合わせる

【則する】基準にして従う

「即する」と「則する」は、ともにソクスルと読む同訓異字の語です。

「即する」は、理論やたてまえといったもの ...