紛らわしい語異字同訓

「後」「跡」「痕」の意味の違い

【後】順序が遅い、背中の向く方

【跡】通り過ぎた・存在した印

【痕】皮膚に残る印

「後」「跡」「痕」は、いずれも「あと」と読む異字同訓の語です。

「後」は、 ...

紛らわしい語異字同訓

「怪しい」と「妖しい」の意味の違い

【怪しい】疑わしい

【妖しい】神秘的な魅力がある

「怪しい」も「妖しい」も、ともに「あやしい」と読む異字同訓の語です。

「あやしい」ということばは、基本的な意味とし ...

紛らわしい語異字同訓

「当てる」「充てる」「宛てる」の意味の違い

【当てる】触れさせる、的中させる、対応させる

【充てる】ある目的に振り向ける

【宛てる】届け先とする

「当てる」「充てる」「宛てる」は、いずれもアテルと読む ...

紛らわしい語異字同訓

「有る」と「在る」の意味の違い

【有る】持つ、備わる、存在する

【在る】存在する

「有る」と「在る」は、ともにアルと読む異字同訓の語です。

「有る」は、なにかを持っている、備わっていること、存在するこ ...

紛らわしい語異字同訓

「足」と「脚」の意味の違い

【足】くるぶしから先の部分

【脚】胴から下の部分

「足」も「脚」も、どちらもアシと読む異字同訓の語です。

「あし」とは、人間をふくめた動物の胴体をささえる部分を指すことばで ...

紛らわしい語異字同訓

「上がる/上げる」「揚がる/揚げる」「挙がる/挙げる」の意味の違い

【上がる/上げる】(一般的)位置・程度が高くなる、終わる

【揚がる/揚げる】空中に浮かぶ、油で調理する

【挙がる/挙げる】はっきり示す、こぞって ...

紛らわしい語異字同訓

「値」と「価」の意味の違い

【値】ねうち、数値

【価】価格・値段

「値」と「価」は、ともにアタイと読む異字同訓の語です。

「値」は、値打ち・価値を意味する語です。

計算や測定によって得られ ...

紛らわしい語異字同訓

「返る/返す」と「帰る/帰す」の意味の違い

【返る/返す】向きが逆になる、元の持ち主や状態に戻る

【帰る/帰す】本来の場所に戻る

「返る/返す」と「帰る/帰す」は、いずれもカエル/カエスと読む異字同訓の語です。

紛らわしい語異字同訓

「張る」と「貼る」の意味の違い

【張る】伸ばし広げる、引き締まる、押し通す

【貼る】平たいものを接着させる

「張る」と「貼る」は、どちらもハルと訓読みする異字同訓の語です。

「張る」は、意味が豊富な語 ...

紛らわしい語異字同訓

「忍ぶ」と「偲ぶ」の意味の違い

【忍ぶ】かくれる、たえる

【偲ぶ】懐かしく思う

「忍ぶ」も「偲ぶ」も、ともにシノブと読む異字同訓の語です。

「忍ぶ」には、人目にふれないようにする・かくれるという意味と ...