紛らわしい語異字同訓

「収まる」「納まる」「治まる」「修まる」の意味の違い

【収まる】きちんと入る、元どおり安定する

【納まる】金品が受け取られる、落ち着く

【治まる】平穏になる、よくなる

【修まる】態度・行いがよくなる

紛らわしい語異字同訓

「収める」「納める」「治める」「修める」の意味の違い

【収める】好ましい結果を手に入れる

【納める】しかるべきところに入れる

【治める】混乱が起こらないようにする

【修める】自分を高める努力をする

似た意味の語異字同訓

「丸い」と「円い」の意味

「丸い」も「円い」も、どちらもマルイと読む異字同訓の語です。

「丸い」は、球形(または円形)をしていることや、角がないこと、円満・穏やかであることを意味します。

「円い」は、円の形をして ...

紛らわしい語異字同訓

「合う」「会う」「遭う」の意味の違い

【合う】一致する、調和する

【会う】人と対面する、集まる

【遭う】好ましくないことを経験する

「合う」「会う」「遭う」は、いずれもアウと読む異字同訓の語です。

紛らわしい語異字同訓

「影」と「陰」の意味の違い

【影】光をさえぎってできる黒い形、物の形、姿

【陰】光が当たらない、 隠れて見えない所

「影」と「陰」は、どちらもカゲと読む異字同訓の語です。

「影」は、光が何かにさえぎら ...

紛らわしい語異字同訓

「努める」「務める」「勤める」の意味の違い

【努める】 努力する

【務める】 任務を果たす

【勤める】 勤務する

「努める」「務める」「勤める」は、それぞれツトメルと読む異字同訓の語です。

紛らわしい語異字同訓

「乾く」と「渇く」の意味の違い

【乾く】水分がなくなる

【渇く】水がほしくなる

「乾く」と「渇く」は、どちらもカワクと読む異字同訓の語です。

「乾く」は、水分・湿気がなくなる意味です。そこから、温かみ ...

紛らわしい語異字同訓

「初め」と「始め」の意味の違い

【初め】ものごとの最初

【始め】ものごとの開始

「初(はじ)め」は、ある期間の早い段階、ものごとの最初という意味をあらわします。

「始(はじ)め」は、ある時点から新たな ...

紛らわしい語異字同訓

「勧める」と「薦める」の意味の違い

【勧める】行為をうながす

【薦める】人・物を推(お)す

「勧(すす)める」は、あることをするように相手に説く、そうするように促(うなが)すという意味をあらわします。「奨(すす) ...

紛らわしい語異字同訓

「町」と「街」の意味の違い

【町】家々が密集する地域

【街】商店が立ち並ぶ通り

「町」と「街」は、ともにマチと読む異字同訓の語です。

「町」は、多くの家々が密集している地域を指します。都会の意味です。 ...