紛らわしい語異字同訓

「返る/返す」と「帰る/帰す」の意味の違い

【返る/返す】向きが逆になる、元の持ち主や状態に戻る

【帰る/帰す】本来の場所に戻る

「返る/返す」と「帰る/帰す」は、いずれもカエル/カエスと読む異字同訓の語です。

紛らわしい語異字同訓

「張る」と「貼る」の意味の違い

【張る】伸ばし広げる、引き締まる、押し通す

【貼る】平たいものを接着させる

「張る」と「貼る」は、どちらもハルと訓読みする異字同訓の語です。

「張る」は、意味が豊富な語 ...

紛らわしい語異字同訓

「忍ぶ」と「偲ぶ」の意味の違い

【忍ぶ】かくれる、たえる

【偲ぶ】懐かしく思う

「忍ぶ」も「偲ぶ」も、ともにシノブと読む異字同訓の語です。

「忍ぶ」には、人目にふれないようにする・かくれるという意味と ...

紛らわしい語異字同訓

「回り」と「周り」の意味の違い

【回り】まわること

【周り】近い範囲、周辺

「回り」と「周り」とは、ともにマワリと読む異字同訓の語です。

「回り」は、まわること、めぐることを意味します。回転。周回。

紛らわしい語異字同訓

「沸く」と「湧く」の意味の違い

【沸く】煮える

【湧く】さかんに出てくる、発生する

「沸く」も「湧く」も、どちらもワクと読む異字同訓語です。

「沸く」は、水などが十分に熱せられることによって煮えた状態 ...

紛らわしい語異字同訓

「触る」と「障る」の意味の違い

【触る】ふれる、かかわりを持つ

【障る】差しつかえる

「触る」と「障る」は、ともにサワルと読む異字同訓の語です。

「触る」は、何かと手が軽くふれる・接するという意味や、 ...

日本語クイズ異字同訓

問題

「過ちを( )める」

( )部分には、次のいずれを当てはめるのが適切でしょうか。

① 責

② 攻

ヒント

「責める」と「攻める」は、どちらもセメルと読む異字同訓の語です。

...

紛らわしい語異字同訓

「計る」「測る」「量る」「図る」の意味の違い

【計る】時間・数量を数える

【測る】長短・高低・大小を知る

【量る】重さ・容積を知る

【図る】工夫する、計画をくわだてる

「計る」「測る」「量 ...

紛らわしい語異字同訓

「押さえる」と「抑える」の意味の違い

【押さえる】動かないようにする、とらえる

【抑える】おしとどめる、こらえる

「押さえる」と「抑える」は、ともにオサエルと読む異字同訓の語です。

「押さえる」は、物 ...

紛らわしい語異字同訓

「優しい」と「易しい」の意味の違い

【優しい】穏やかで好ましい、思いやりがある

【易しい】わかりやすい、簡単だ

「優しい」と「易しい」は、ともにヤサシイと読む異字同訓の語です。

「優しい」は、その人か ...