紛らわしい語

「利く」と「効く」の違い

投稿日:

「利く」と「効く」の意味の違い

【利く】 能力を十分に発揮する

【効く】 効能が現れる

「利く」と「効く」とは、ともにキクと読む同訓異字の語です。

「利く」は、能力が十分に発揮される、物事がうまく運ぶように役立たせることができるという意味です。機能。

「効く」は、効能・効き目が現れるという意味です。効果。

「利く」の使用例

  • 指先が利く
  • 鼻が利く
  • 顔が利く
  • 口を利く
  • 応用が利く
  • 機転が利く
  • 気が利く(気を利かす)
  • 無理が利く〔=できる〕

「効く」の使用例

  • 薬が効く
  • 宣伝が効く
  • つぶしが効く
  • 風刺が効く

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「適用」と「摘要」の違い

「適用」と「摘要」の意味の違い 【適用】 当てはめて用いる。 【摘要】 要点の抜き書き。 「適用」と「摘要」とは、ともにテキヨウと読む同音異義語です。 「適用」は、ある事柄に対して法律・規則などを当て …

no image

「努める」「務める」「勤める」の違い

「努める」「務める」「勤める」の意味の違い 【努める】 努力する 【務める】 任務を果たす 【勤める】 勤務する 「努める」「務める」「勤める」は、それぞれツトメルと読む異字同訓の語です。 「努める」 …

no image

「初め」と「始め」の違い

「初め」と「始め」の意味の違い 【初め】ものごとの最初 【始め】ものごとの開始 「初(はじ)め」は、ある期間の早い段階、ものごとの最初という意味をあらわします。 「始(はじ)め」は、ある時点から新たな …

no image

「媒介」と「媒体」の違い

「媒介」と「媒体」の意味の違い 【媒介(ばいかい)】仲立ちをする働き 【媒体(ばいたい)】仲立ちをするもの 「媒介」は、二つのものの間に立って両者の間を仲立ちするという意味です。橋渡し、とりもち、きも …

no image

「踊る」と「躍る」の違い

「踊る」と「躍る」の意味の違い 【踊る】リズムに乗って体を動かす 【躍る】勢いよく動く 「踊る」と「躍る」は、ともにオドルと読む異字同訓の語です。 「踊る」は、音楽や歌のリズムに合わせて体を揺れ動かす …