慣用句

「腹を割る」の意味 腹を割る(はらをわる)は、本心を打ち明ける、という意味の慣用句です。 ...

慣用句

「口を割る」の意味 口を割る(くちをわる)は、白状する・自白する、という意味の慣用句です。 ...

慣用句

「額を集める」の意味 額を集める(ひたいをあつめる)は、集まって相談する、という意味の慣用 ...

慣用句

「膝を交える」の意味 膝を交える(ひざをまじえる)は、打ち解けて話し合う、という意味の慣用 ...

慣用句

「顎を出す」の意味 顎を出す(あごをだす)は、とても疲れる、という意味の慣用句です。 長時 ...

慣用句

「足を棒にする」の意味 足を棒にする(あしをぼうにする)は、足がこわばるまで歩きまわる、と ...

慣用句

「足が棒になる」の意味 足が棒になる(あしがぼうになる)は、足が疲れてこわばる、という意味 ...

慣用句

「一目置く」の意味 一目置く(いちもくおく)は、自分よりすぐれている者に敬意を払う、という ...

慣用句

「焼きが回る」の意味 焼きが回る(やきがまわる)は、頭の働きや腕前が衰える、という意味の慣 ...

慣用句

「辻褄が合う」の意味 辻褄が合う(つじつまがあう)は、筋道・理屈が通る、という意味の慣用句 ...