「溜まる/溜める」と「貯まる/貯める」の違い

異字同訓

「溜まる/溜める」と「貯まる/貯める」の意味の違い

【溜まる/溜める】集めて増やす

【貯まる/貯める】金品を蓄える

「溜まる/溜める」と「貯まる/貯める」は、どちらも「たまる/ためる」と読む異字同訓の語です。

「溜まる/溜める」は、あるものが一つの場所に集まって増える、集めて増やすという意味です。抽象的な物事に対して用いられることもあります。

「貯まる/貯める」は、金品(金銭・水・食糧など)が消費されずにとっておかれて増える、蓄えるという意味です。

「溜まる/溜める」の使用例

  • ゴミが溜まる
  • 水を溜める(貯める)
  • 仕事が溜まる
  • 宿題を溜める
  • 不満(ストレス)が溜まる
  • 借金が溜まる
  • 水溜まり

「貯まる/貯める」の使用例

  • お金(ポイント)が貯まる
  • へそくりを貯める
  • 食糧を貯める