「止まる」「留まる」「泊まる」の違い

異字同訓

「止まる」「留まる」「泊まる」の意味の違い

【止まる】動かなくなる、そこで終わる

【留まる】移動しないでそこにいる、印象が残る

【泊まる】宿泊する、停泊する

「止まる」「留まる」「泊まる」は、いずれも「とまる」と読む異字同訓の語です。

「止まる」は、動いていたものが動かなくなる、あるいは、続いていたものがそこで終わるという意味です。

なお、一時的に動かなくなるにすぎない場合には、「停まる」と書くこともできます。

「留まる」は、しばらく移動しないでその場所にいるという意味です。離れない状態で固定される、印象が離れずに残るという意味を表すこともあります。

「泊まる」は、自宅以外の場所で夜を過ごす(宿泊)という意味です。船が港にいる(停泊)という意味もあります。

「止まる」の使用例

  • 時計(機械)が止まる
  • バスが止まる(停まる)
  • 交通が止まる
  • 出血が止まる
  • 電気(ガス・水道)が止まる
  • 笑いが止まらない
  • 止り木(とまりぎ)

「留まる」の使用例

  • スズメが木の枝に留まる(止まる)
  • ネジが留まらない
  • 心に留まる
  • 目に留まる
  • 目にも留まらぬ(めにもとまらぬ)〔=非常に速い〕
  • お高く留まる(おたかくとまる)〔=偉ぶって人を見下した態度をとる〕

「泊まる」の使用例

  • ホテルに泊まる
  • 船が港に泊まる