「合わせる」と「併せる」の違い

異字同訓

「合わせる」と「併せる」の違い

【合わせる】一致させる、一つにする

【併せる】別々のものを一緒に行う

「合わせる」と「併せる」は、ともに「あわせる」と読む異字同訓の語です。

「合わせる」は、物と物とを一致・調和させる、あるいは、一つにする・合算するという意味です。

「併せる」は、別々のものを一緒にして行うという意味です。一つにまとめるという意味で用いられることもあります。

「合わせる」の使用例

  • 手(襟)を合わせる
  • 力(心)を合わせる
  • 時計を合わせる
  • 調子(タイミング)を合わせる
  • 答えを合わせる
  • 服装に帽子を合わせる
  • ピアノに合わせて歌う
  • 薬を合わせる
  • 合わせみそ
  • 金額を合わせる
  • 男女合わせて10人

「併せる」の使用例

  • ガス代と電気代を併せて支払う
  • 契約更新と併せて住所変更も行う
  • 併せて健康を祈る
  • 清濁併せ呑(の)む
  • 両条件を併せ考える
  • 隣国(会社)を併せる