「残す」と「遺す」の違い

異字同訓

「残す」と「遺す」の意味の違い

【残す】あとに置いて去る、そのままにしておく

【遺す】後世に伝える、残して死ぬ

「残す」と「遺す」は、どちらも「のこす」と読む異字同訓の語です。

「残す」は、何かをあとに置いて去る、消滅させずにそのままにしておく、一部をあます・とっておくという意味です。

「遺す」は、財産や名声などを後世に伝える、また、人や物を残して死ぬという意味です。この意味で、「残す」を使うことがあります。

「残す」の使用例

  • 病人を残して出発する
  • 手紙を残す
  • 心を残す
  • 課題を残す
  • 証拠を残す
  • ご飯を残す
  • 小金を残す〔=ためこむ〕
  • 食べ残す
  • やり残し

「遺す」の使用例

  • 足跡を遺す(残す)
  • 禍根を遺す(残す)
  • 財産を遺す
  • 遺された家族