「触る」と「障る」の違い

異字同訓

「触る」と「障る」の意味の違い

【触る】ふれる、かかわりを持つ

【障る】差しつかえる

「触る」と「障る」は、ともにサワルと読む異字同訓の語です。

「触る」は、何かと手が軽くふれる・接するという意味や、かかわりを持つ・関係するという意味の語です。接触。

「障る」は、差しつかえる、何かをするのに都合が悪いという意味です。支障。

「触る」の使用例

  • この機械に触るな
  • 手に少し触る
  • 寄ると触ると
  • 触らぬ神にたたりなし

「障る」の使用例

  • 仕事に障る
  • 体に障る
  • 気に障る
  • 癪に障る
  • 神経に障る