「打つ」「撃つ」「討つ」の違い

異字同訓

「打つ」「撃つ」「討つ」の意味の違い

【打つ】強く当てる・たたく、行う

【撃つ】射撃する

【討つ】攻め滅ぼす

「打つ」「撃つ」「討つ」は、いずれも「うつ」と読む異字同訓の語です。

「打つ」は、何かを他の物に強く当てる、叩くという意味です。それ以外にも、さまざまな行為を表すときに「打つ」が多く使われます。

なお、注射を刺すときには「射つ」、リズムよく動くときには「拍つ」を用いることもできます。

「撃つ」は、鉄砲などで弾丸を発射するという意味です。

「討つ」は、相手を攻撃して殺す、攻め滅ぼすという意味です。大きな争いの場合には、「伐つ」を用いることもできます。

「打つ」の使用例

  • 釘を打つ
  • 頭を打つ
  • 太鼓を打つ
  • 刀を打つ
  • 電報を打つ
  • 水を打つ
  • 碁を打つ
  • パチンコを打つ
  • 読点を打つ
  • 芝居を打つ
  • 心を打つ
  • 手を打つ
  • 注射を打つ(射つ)
  • 波(脈)を打つ(拍つ)

「撃つ」の使用例

  • 拳銃を撃つ
  • 獲物を撃つ
  • 敵機を撃ち落とす
  • 迎え撃つ
  • 試し撃ち

「討つ」の使用例

  • 敵を討つ
  • あだを討つ
  • 討ち入り
  • 闇討ち(やみうち)
  • 大将を討ち取る
  • 賊を討つ(伐つ)