主客転倒(しゅかくてんとう、しゅきゃくてんとう)

「主客転倒」の意味

主客転倒

読み:しゅかくてんとう、しゅきゃくてんとう

意味:物事の順序や軽重が逆になること

「主」と「客」の立場が「転倒」する(ひっくりかえる)、あるいは、中心となるもの(主)と付随的なもの(客)とがあべこべになるという意味です。

つまり、物事の順序や軽重が逆であること、あるいは、順序を取り違えることを表します。

「主客転倒」の使い方

(例)家のローンのために働き続けるというのは、主客転倒だと言える。

物事の順序や軽重が逆になることを表すときに用います。

類義語

「主客転倒」に類似した意味の四字熟語として、「本末転倒(ほんまつてんとう)」があります。