「住む」と「棲む」の違い

異字同訓

「住む」と「棲む」の意味の違い

【住む】人間がそこで暮らす

【棲む】動物がそこで生息する

「住む」と「棲む」は、ともに「すむ」と読む異字同訓の語です。

「住む」は、人間がある場所で生活するという意味です。人間以外の動物に対して用いることがありますが、その場合、動物を人間に見立てていることになります。

「棲む」は、動物がある場所に生息するという意味です。人間に対して用いる場合は、生き物として暮らしている、あるいは非人間的な暮らしをしているというニュアンスがあります。

「住む」の使用例

  • アパートに住む
  • 東京に住む
  • 住めば都〔=どんな場所でも住んでみるとよいと思うようになる〕
  • 鬼の住処(すみか)

「棲む」の使用例

  • 森に棲む動物
  • 山奥に隠れ棲む