「預かる」と「与る」の違い

異字同訓

「預かる」と「与る」の意味の違い

【預かる】引き受けて保管・管理する、保留する

【与る】関係する、受ける

「預かる」と「与る」は、どちらも「あずかる」と読む異字同訓の語です。

「預かる」は、一時的に保管・管理することを引き受けるという意味です。すぐに決めないで保留しておくという意味もあります。「~を預かる」という形で用いられます。

「与る」は、ある事柄に関係する、あるいは、好ましい影響を受けるという意味です。「~に与る」という形で用いられます。

「預かる」の使用例

  • 荷物を預かる
  • 子どもを預かる
  • 会社の経理を預かる
  • 留守を預かる
  • 辞表を預かる

「与る」の使用例

  • 国政(経営)に与る
  • 相談に与る
  • お招き(お褒め)に与る
  • 恩恵に与る
  • 与り知らない〔=かかわりがない〕