「他」と「外」の違い

異字同訓

「他」と「外」の意味の違い

【他】それとは別のもの

【外】ある範囲から出たところ

「他」と「外」は、ともに「ほか」と読む異字同訓の語です。

「他」は、それとは別のもの・ところという意味です。具体的に異なったなにかをイメージできるときに用います。

「外」は、ある範囲から出たところ・ものという意味です。ある範囲以外を漠然と指すときに用います。

「他」と「外」のどちらを用いてもよい場合があります。たとえば、「ほかならない」「ほかでもない」など。その場合は、かな書きにするのが無難と言えます。

なお、「他」はと音読みすることもできます。「他の人」「その他」などは、「たのひと」「そのた」と読むこともできます。もっとも、法令などの公用文ではタとしか読みません。

「他」の使用例

  • 他の仕事を探す
  • 他の方法を検討する
  • 他の日にする
  • 他へ行く
  • 他から聞く
  • この他に準備するものはない
  • 他(外)ならない
  • 他(外)でもない

「外」の使用例

  • 行く外ない
  • 思いの外/殊(こと)の外
  • 恋は思案の外(こいはしあんのほか)〔=恋は理性で制御したり判断したりできない〕
  • 以ての外(もってのほか)〔=とんでもない〕
  • 隊長外5名