「悲しい/悲しむ」と「哀しい/哀しむ」の違い

異字同訓

「悲しい/悲しむ」と「哀しい/哀しむ」の意味の違い

【悲しい/悲しむ】心が痛む、泣きたくなる

【哀しい/哀しむ】切ない気持ちになる

「悲しい/悲しむ」と「哀しい/哀しむ」は、どちらも「かなしい/かなしむ」と読む異字同訓の語です。

「悲」は、心が引き裂かれるようすを表す字です。「悲しい/悲しむ」で、心が痛む、泣きたい気持ちになることを意味します。

「哀」は、死を嘆(なげ)くようすを表す字です。「哀しい/哀しむ」で、胸がしめつけられるような切ない気持ちになることを意味します。

一般には「悲しい/悲しむ」を用いますが、不運を嘆いたり、あきらめの感情をこめたりする場合には「哀しい/哀しむ」を用いることもあります。

「悲しい/悲しむ」の使用例

  • 悲しい物語
  • 失恋の悲しさ
  • 教養のなさを悲しむ
  • 悲しみに沈む(包まれる)

「哀しい/哀しむ」の使用例

  • 哀しい運命
  • もてない男の哀しさ
  • 友人の死を哀しむ
  • 老いの哀しみ