「燃える」と「萌える」の違い

異字同訓

「燃える」と「萌える」の意味の違い

【燃える】火がつく、気持ちが高まる

【萌える】芽が出る

「燃える」と「萌える」は、どちらも「もえる」と読む同音異義語です。

「燃える」は、火がついて炎や煙が出ること、あるいは、物事に対する気持ちが高まることを意味します。燃焼、高揚(こうよう)。

「萌える」は、植物の芽が出て伸びることを意味します。めぐむ、きざす。

「燃える」の使用例

  • 火が燃える
  • 燃えるゴミ
  • 燃え上がる
  • 燃え尽きる
  • 燃え立つ
  • 燃え盛る
  • 理想(向学心・希望)に燃える
  • 怒り(復習)に燃える
  • 燃え杭(くい)〔=燃え残った木〕
  • 燃えさし〔=燃え残り〕
  • 陽炎(かげろう)が燃える〔=ゆらゆらと立ちのぼる〕

「萌える」の使用例

  • 若草が萌える
  • 新緑に(が)萌える
  • 萌え立つ