「静める」「鎮める」「沈める」の違い

異字同訓

「静める」「鎮める」「沈める」の意味の違い

【静める】静かにさせる、心を落ち着かせる

【鎮める】混乱・痛みを落ち着かせる

【沈める】水没させる

「静める」「鎮める」「沈める」は、いずれも「しずめる」と読む異字同訓の語です。

「静める」は、広く物事を落ち着かせる意味を表します。物音を静かにさせたり、心を落ち着かせたりする場合には、「静める」を用います。

「鎮める」は、強く押さえつけることによって落ち着かせる意味を表します。混乱や痛みなどを落ち着かせる場合には、「鎮める」を用います。鎮圧、鎮痛。

また、「鎮める」には、神をまつるという意味もあります。

「沈める」は、水没させるという意味です。比喩的に、水以外の物でも使われたり、また、姿勢を低くするという意味で使われることもあります。

「静める」の使用例

  • 騒がしい場内を静める
  • 鳴りを静める〔=物音を立てないようにする〕
  • 気を静める

「鎮める」の使用例

  • 騒ぎを鎮める
  • 痛みを鎮める/せきを鎮める
  • 怒りを鎮める(静める)
  • 荒ぶる神を鎮める〔=まつる〕

「沈める」の使用例

  • 船を沈める
  • ソファーに身を沈める
  • 身を沈めてパンチをかわす
  • 苦界(くがい)に身を沈める