「木」と「樹」の違い

異字同訓

「木」と「樹」の意味の違い

【木】一般的な木、材木

【樹】(大きな)立ち木

「木」と「樹」は、ともに「」と読む異字同訓の語です。

どちらも植物としての木を指す語ですが、意味が少し違います。

「木」は、幹から枝を伸ばしているようすを表す漢字です。地面から生えている状態(立ち木)を意味することもあれば、加工された状態のもの(材木)を意味することもあります。

一方、「樹」は、地面から生えているようすを表す漢字です。地面から生えている状態で大きなものを意味します。

「木」の使用例

  • 木を植える
  • 木登り(きのぼり)
  • 木の板
  • 木から落ちた猿(きからおちたさる)〔=生活の拠り所を失うこと〕
  • 木を見て森を見ず(きをみてもりをみず)〔=部分だけに気を取られて全体をつかんでいないこと〕
  • 木で鼻を括る(きではなをくくる)〔=そっけない応対をする〕
  • 木に竹を接ぐ(きにたけをつぐ)〔=物事が調和していない〕

「樹」の使用例

  • 樹(木)が茂る
  • 樹(木)の陰
  • 樹静かならんと欲すれども風止まず(きしずかならんとほっすれどもかぜやまず)〔=孝行したいと思うときには、親はすでに死んでいること〕