「上がる/上げる」「揚がる/揚げる」「挙がる/挙げる」の違い

異字同訓

「上がる/上げる」「揚がる/揚げる」「挙がる/挙げる」の意味の違い

【上がる/上げる】(一般的)位置・程度が高くなる、終わる

【揚がる/揚げる】空中に浮かぶ、油で調理する

【挙がる/挙げる】はっきり示す、こぞってする、執り行う

「上がる/上げる」「揚がる/揚げる」「挙がる/挙げる」は、いずれもアガル/アゲルと読む異字同訓の語です。

「上がる/上げる」は、位置が高い方に動く、あるいは、程度が高い状態になることを表します。

また、物事が終わることを意味するときもあります。

一般的に「あがる/あげる」という場合には、「上」の漢字を当てることができます。

「揚がる/揚げる」は、空中にふわっと浮かぶさまを表します。

また、油で何かを「あげる」場合には「揚」を当てます。(この意味で「上」を当てることはできません。)

「挙がる/挙げる」は、両手で持ち上げるようにはっきり示すことを表します。

また、「挙げる」は、こぞって(すべてが一緒になって)何かをするという意味や、行事などを執(と)り行うという意味を表すこともあります。

ちなみに、ものの値段が高くなることを表す場合には、「上がる」に代えて「騰(あ)がる」を用いることもできます。

「上がる/上げる」の使用例

《位置・程度が高くなる》

  • 階段を上がる/シャッターを上げる
  • 成績(地位)が上がる/順位を上げる
  • 物価が上がる(騰がる)/値段を引き上げる
  • 気分が盛り上がる
  • 娘が中学校に上がる
  • 成果(利益)が上がる
  • 名(腕前)を上げる
  • 歓声が上がる/声(悲鳴)を上げる
  • 熱を上げる

《終わる》

  • 雨が上がる
  • バッテリーが上がる
  • 出来上がる/仕上げる
  • 上がり〔=収益、物事が完了すること〕

「揚がる/揚げる」の使用例

  • 花火が揚がる(上がる)
  • 旗を揚げる
  • 凧揚げ(たこあげ)
  • 船荷を揚げる
  • 戦地から引き揚げる〔=元の場所へ戻る〕
  • 天ぷらを揚げる
  • 唐揚げ(からあげ)

「挙がる/挙げる」の使用例

《はっきり示す》

  • 手が挙がる
  • 候補に挙がる
  • 例を挙げる
  • 証拠が挙がる/根拠を挙げる
  • 得点を挙げる
  • 槍玉(やりだま)に挙がる
  • 犯人を挙げる

《こぞってする》

  • 国を挙げて歓迎する
  • 総力(全力)を挙げる

《執り行う》

  • 結婚式を挙げる