「入れる」「容れる」「淹れる」の違い

異字同訓

「入れる」「容れる」「淹れる」の意味の違い

【入れる】外から中へ移動させる

【容れる】空間に収める、主張を認める

【淹れる】茶やコーヒーなどを作る

「入れる」「容れる」「淹れる」は、いずれも「いれる」と読む異字同訓の語です。

「入れる」は、基本的に、外から中へ人や物を移動させる、ある範囲内に移すという意味です。そこから、金品などを納める、相手に届ける、組織の一員とする、数量・射程に含める、間に挟む、外部から作用を加える、気持ちを込めるなど、さまざまな意味に用いられます。

「容れる」は、人や物を空間に収める(収容)、または、他人の主張を聞いてそれを認めるという意味です。対義語は「退(しりぞ)ける」。

「淹れる」は、湯を注(さ)したり煮立てたりして茶やコーヒーなどの飲み物を作ることを意味します。この意味で「入れる」を用いることもできます。

「入れる」の使用例

  • 部屋(冷蔵庫)に入れる
  • 家賃(注文の品)を入れる
  • 電話(わび)を入れる
  • 仲間(籍)に入れる
  • 計算(考慮)に入れる
  • 行間に入れる
  • 休憩を入れる
  • 口を入れる
  • 疑いを入れる
  • 手を入れる
  • メス(はさみ)を入れる
  • スイッチ(エアコン)を入れる〔=通電・作動させる〕
  • 身(熱・力・気)を入れる
  • 活を入れる
  • 念を入れる
  • 票を入れる〔=投票する〕
  • 人を入れる〔=雇う〕
  • パソコンを入れる〔=導入・設置する〕
  • 手に入れる〔=自分のものにする〕

「容れる」の使用例

  • 棚に商品を容れる
  • 500人を容れるホール
  • 要求(要望・忠告)を容れる
  • 世に容れられない

「淹れる」の使用例

  • 紅茶を淹れる(入れる)