「満たす/満ちる」と「充たす/充ちる」の違い

異字同訓

「満たす/満ちる」と「充たす/充ちる」の意味の違い

【満たす/満ちる】いっぱいにする

【充たす/充ちる】十分に与える

「満たす/満ちる」と「充たす/充ちる」は、ともに「みたす/みちる」と読む異字同訓の語です。

「満たす/満ちる」は、それ以上入らないところまでいっぱいにする・いっぱいになるという意味です。物事が上限に達するというニュアンスがあります。

「充たす/充ちる」は、不足しているものを十分に(いっぱいといえるまで)与えるという意味です。欠けている部分を埋めるというニュアンスがあります。一般には、「満たす/満ちる」で置きかえることができます。

「満たす/満ちる」の使用例

  • 水でコップを満たす
  • 腹を満たす
  • 好奇心を満たす
  • 自信(希望)に満ちている
  • 苦悩(矛盾)に満ちた
  • 定員に満ちる
  • 任期が満ちる
  • 月が満ちる
  • 潮が満ちる

「充たす/充ちる」の使用例

  • 条件(基準)を充たす(満たす)
  • 欲求(要求)を充たす(満たす)
  • 欠員を充たす(満たす)
  • 在庫を充たす(満たす)
  • 香りに充ちる(満ちる)