「火」と「灯」の違い

紛らわしい語異字同訓

「火」と「灯」の意味の違い

【火】物が燃える現象

【灯】照明となる光

「火」と「灯」は、どちらも「」と読む異字同訓の語です。

「火」は、物が燃えて光や熱が出る現象を意味します。ほのお。また、比喩的に激しい感情を意味することもあります。

「灯」は、照明とするための光を意味します。火が出す光とはかぎりません。あかり、ともしび、灯火。また、比喩的にそれを守ろうとする活動や心を意味することもあります。

「火」の使用例

  • 火が出る(消える)
  • 火がゆれる
  • 火に当たる
  • 火に掛ける
  • 火を付ける
  • 火を通す〔=熱を加える〕
  • 火の粉(こ)
  • 火の車
  • かがり火
  • 胸(情熱)の火
  • 火に油を注(そそ)ぐ〔=勢いを強くする〕
  • 火を見るよりも明らか〔=疑う余地なく明らかなさま〕
  • 顔から火が出る〔=恥ずかしくて顔が真っ赤になる〕

「灯」の使用例

  • 灯をともす
  • 灯がともる
  • 町の灯
  • 伝統の灯を守る