「行く」「往く」「逝く」の違い

紛らわしい語異字同訓

「行く」「往く」「逝く」の意味の違い

【行く】移動する、進行する、ある状態になる

【往く】目的地へ出かける

【逝く】過ぎ去って戻らない、死ぬ

「行く」「往く」「逝く」は、いずれも「いく」または「ゆく」と読む異字同訓の語です。

「行く」は、その場所から他の場所へ移動する、進むという意味です。この意味での対義語は「止まる」。そこから転じて、物事が進行するという意味や、ある状態になるという意味などにも用いられます。

「往く」は、目的があってある場所へ出かけることを意味します。対義語は、「来る」「帰る」「戻る」など。この意味で「行く」を用いることもできます。

「逝く」は、過ぎ去って再び戻らないという意味です。とくに、死ぬという意味で用いられます。

「行く」の使用例

  • 学校へ行く
  • 南の方へ行く
  • 山道を行く
  • 先頭を行く
  • 遊びに行く
  • 連絡が行く〔=届く〕
  • うまく行く
  • 良いところまで行く
  • 満足(納得)が行く
  • 嫁に行く〔=他家にうつる〕
  • 年端も行かぬ〔=また若い〕
  • 一筋縄(ひとすじなわ)では行かない〔=ふつうのやり方では対処できない〕
  • にっちもさっちも行かない〔=行き詰まってどうにもできない〕
  • 行き交う
  • 行く先々(ゆくさきざき)〔=行くところどこでも〕

「往く」の使用例

  • 駅前へ往く(行く)
  • 往きのバス
  • 往き(行き)帰り
  • 往き(行き)つ戻りつ

「逝く」の使用例

  • 逝く(行く)春
  • 逝く年来る年
  • 父が逝く〔=死ぬ〕