気が置けない(きがおけない)

慣用句

「気が置けない」の意味

気が置けない(きがおけない)は、気楽に付き合うことができる、という意味の慣用句です。

「気」は、ここでは遠慮・気遣いという意味です。それが「置けない」ということで、遠慮がいらない様子を表しています。

お互いに遠慮することなく、気軽に付き合うことができる仲を表すときに使われます。

「置けない」という否定の表現につられて、安心して心を許すことができない、打ち解けられないというように、本来の意味とは真逆の意味に誤解しやすい慣用句です。

「気が置けない」の使用例

・「彼とは中学時代からの知り合いで、お互いに気が置けない仲だ。」

「気が置けない」の類似表現

  • 気を許させる(きをゆるせる)
  • 気心が知れる(きごころがしれる)

「気が置けない」の反対表現

  • 気が詰まる(きがつまる)
  • 気を許せない(きをゆるせない)