手を焼く(てをやく)

「手を焼く」の意味

手を焼く(てをやく)は、もてあます・てこずる、という意味の慣用句です。

火を消そうとして手に火傷を負うということから、物事の処置に困ってもてあます、対処にてこずるという意味で使われます。

「手を焼く」の使用例

・「言うことを聞かない猫に、母も私もほとほと手を焼いている。」

「手を焼く」の類似表現

  • 手に余る(てにあまる)
  • 手に負えない(てにおえない)
  • 手が付けられない(てがつけられない)
  • 途方に暮れる(とほうにくれる)