寝耳に水(ねみみにみず)

慣用句

「寝耳に水」の意味

寝耳に水(ねみみにみず)は、思いがけない話に驚く、という意味の慣用句です。

寝ている最中に耳に水を注がれると、誰でもびっくりします。

思いがけない話を聞いて驚くようすを、それにたとえたものです。

「寝耳に水」の使用例

・「ボーナスカットだなんて、まったく寝耳に水だよ。」

「寝耳に水」の類似表現

  • 腰を抜かす(こしをぬかす)
  • 胆を潰す(きもをつぶす)
  • 藪から棒(やぶからぼう)
  • 泡を食う(あわをくう)
  • 青天の霹靂(せいてんのへきれき)