目に角を立てる(めにかどをたてる)

「目に角を立てる」の意味

目に角を立てる(めにかどをたてる)は、怒って人をにらみつける、という意味の慣用句です。

怒って目付きが鋭くなる様子を、「角を立てる」と表しています。

「目角を立てる(めかどをたてる)」ともいいます。

「目に角を立てる」の使用例

・「子どものいたずらなのだから、そんなに目に角を立てなくてもよい。」

「目に角を立てる」の類似表現

  • 目くじらを立てる(めくじらをたてる)
  • 目を三角にする(めをさんかくにする)
  • 目の色を変える(めのいろをかえる)
  • 柳眉を逆立てる(りゅうびをさかだてる)