目を掛ける(めをかける)

慣用句

「目を掛ける」の意味

目を掛ける(めをかける)は、ひいきにする、という意味の慣用句です。

気に入った相手を特別に可愛がって、何かにつけてその者の面倒をみる、ひいきにすることを表すときに使います。

「目に掛ける(めにかける)」とも言います。

「目を掛ける」の使用例

・「入社時から目に掛けてもらった上司が定年で退職した。」

「目を掛ける」の類似表現

  • 肩入れする(かたいれする)
  • 依怙贔屓(えこひいき)