腹を括る(はらをくくる)

「腹を括る」の意味

腹を括る(はらをくくる)は、覚悟を決める、という意味の慣用句です。

「腹」は、人の本当の心や考えがあるとされた体の部分。「括る」は、物事を一つにまとめるという意味です。

「腹を括る」で、何があっても驚かないと決心する、覚悟を決めるという意味で使われます。

「腹を括る」の使用例

・「何を言われても我慢しようと腹を括った。」

「腹を括る」の類似表現

  • 腹を決める(はらをきめる)
  • 腹を固める(はらをかためる)
  • 腹を据える(はらをすえる)
  • 意を決する(いをけっする)
  • 肝を据える(きもをすえる)