腹を決める(はらをきめる)

慣用句

「腹を決める」の意味

腹を決める(はらをきめる)は、決心する、という意味の慣用句です。

「腹」とは、人間の本当の心がそこにあると考えられた体の部分です。

それを「決める」ということから、決心する、覚悟を決めるという意味になります。

「腹を決める」の使用例

・「彼は、あの会社に就職すると腹を決めたようだ。」

「腹を決める」の類似表現

  • 腹を固める(はらをかためる)
  • 腹を括る(はらをくくる)
  • 腹を据える(はらをすえる)
  • 肝を据える(きもをすえる)
  • 度胸を定める(どきょうをさだめる)
  • 意を決する(いをさだめる)

「腹を決める」の反対表現

  • 二の足を踏む(にのあしをふむ)
  • 優柔不断(ゆうじゅうふだん)
  • 右顧左眄(うこさべん)