「有る」と「在る」の違い

異字同訓

「有る」と「在る」の意味の違い

【有る】持つ、備わる、存在する

【在る】存在する

「有る」と「在る」は、ともにアルと読む異字同訓の語です。

「有る」は、なにかを持っている、備わっていること、存在することを表します。

一方、「在る」も存在することを表す語なので、「有る」と「在る」の使い分けが問題となります。

物事の存在そのものを指し示すときには「有る」を用いる傾向にあります。

一方、人が生きて存在しているときや、存在(帰属)する場所を示すときには、「在る」を用います。

しかし、どちらの語を使用すべきか判断に迷う場合も多く、したがって、一般には「ある」とかな書きにすることがほとんどです。

ちなみに、「無い」は、「有る」の対義語です。

「有る」の使用例

《持つ、備わる》

  • 子(妻)が有る
  • お金(財産)が有る/有り金
  • 実力が有る/有り余る才能
  • 教養が有る
  • 有り合わせの料理
  • この家には庭が有る
  • 情緒(雰囲気)が有る

《存在する》

  • 試験が有る
  • 会議が有る
  • 間違いが有る
  • 事故が有った
  • 改善の余地が有る
  • 有り体(ありてい)〔=ありのまま〕
  • 有り勝ち
  • 有り得る
  • 有様(ありさま)

「在る」の使用例

  • 在りし日の面影(おもかげ)
  • 東京の真ん中に在る
  • 責任は彼に在る
  • 財宝の在りかを探る
  • 国会の在り方を問う