「正す」「質す」「糺す」の違い

異字同訓

「正す」「質す」「糺す」の意味の違い

【正す】間違いを直す、きちんと整える

【質す】質問する

【糺す】きびしくたずねて調べる

「正す」「質す」「糺す」は、いずれも「ただす」と読む異字同訓の語です。

「正す」は、間違っているところを直し改める、または、きちんと整えるという意味です。道理に合っているかどうかをはっきりさせるという意味もあります。

「質す」は、事の真偽や不明な事柄について尋ねて確認する、質問することを意味します。

「糺す」は、「糾す」とも書き、犯罪などの事実の有無をきびしく訊(たず)ねて調べることを意味します。

「正す」の使用例

  • 誤りを正す
  • 姿勢(背筋)を正す
  • 襟(えり)を正す〔=気持ちを引き締める〕
  • 行いを正す
  • 理非を正す
  • もとを正せば〔=もとはといえば〕

「質す」の使用例

  • 専門家に疑問点を質す
  • 当事者に真相を質す
  • 方針(意向)を質す

「糺す」の使用例

  • 罪(真偽)を糺す