「良い」と「善い」の違い

異字同訓

「良い」と「善い」の意味の違い

【良い】優れている、好ましい

【善い】道徳的に望ましい

「良い」と「善い」とは、どちらも「よい」または「いい」と読む異字同訓の語です。

「よい」は主に書き言葉で、「いい」は話し言葉で用いられます。

「良い」は、いろいろな意味ですぐれている、好ましいことを意味します。一般的に「よい/いい」というときは、「良い」を用います。

「善い」は、道徳的に望ましい・正しい、人として立派であるという意味です。

なお、愛着や喜び、満足などを感じられて好ましい場合には、「好い」を用いることもあります。

「良い」の使用例

  • 成績(品質)が良い
  • 眺めが良い
  • 手触りが良い
  • 運(調子)が良い
  • 体に良くない
  • 良い本
  • 良い習慣
  • 良い方法
  • 良い(好い)子
  • 印象(感じ)が良い(好い)
  • 天気(景気)が良い(好い)
  • 都合(タイミング)が良い(好い)
  • 良い(好い)出来
  • 人が良い(好い)
  • 給料が良い〔=高い〕

「善い」の使用例

  • 行いが善い
  • 性格の善し悪し