感慨無量(かんがいむりょう)

「感慨無量」の意味

感慨無量

読み:かんがいむりょう

意味:言葉で言い尽くせないほど深く感じること

「感慨」は、心に深く感じてしみじみとした気持ちになること。

「無量」は、はかり知れないくらいの量のこと。

「感慨無量」で、言葉で言い尽くせないほど深く感じる、思いにひたって胸がいっぱいになることを表します。

感無量(かんむりょう)」と書くこともあります。

「感無量」と書かないように注意しましょう。

「感慨無量」の使い方

(例)父親は、娘の花嫁姿を見て感慨無量な面持ちだった。

心に深く感じてしみじみとなることを表すときに用います。