一言半句(いちごんはんく)

「一言半句」の意味

一言半句

読み:いちごんはんく

意味:ほんのわずかな言葉

「一言」は一つのことば、「半句」は一句の半分で短い言葉の意味。

つまり、ほんのわずかの言葉という意味を表します。

「一言」は、イチンと読むこともある熟語ですが、この場合はイチンと読みます。

「一言半」と書かないように注意しましょう。

なお、一字違いの四字熟語である「一言一句(いちごんいっく)」も同様の意味です。

「一言半句」の使用例

(例)これから言う大事なことは、一言半句も聞き漏らしてはいけない。

「一言半句」は、わずかな言葉という意味を表すときに用います。多くの場合、「ない」などの打消しの語をともないます。

言葉の一つひとつという意味を強調したいときには、「一言一句」という四字熟語を用いるほうが適切でしょう。

(例)先生の話を一言一句聞き漏らさない。

類義語・対義語

「一言半句」に類似する意味の四字熟語として、「一言一句(いちごんいっく)」「片言隻語(へんげんせきご)」があります。

反対の意味の四字熟語としては、「千言万語(せんげんばんご)」があります。