一日千秋(いちじつせんしゅう、いちにちせんしゅう)

「一日千秋」の意味

一日千秋

読み:いちじつせんしゅう(いちにちせんしゅう)

意味:待ち遠しいこと

「秋」は年の意味で、「千秋」は千年の意味です。

「一日」が千年に思われるということ。

つまり、時間が非常に長く感じられるほどに待ち焦がれる、待ち遠しく思うという意味を表します。

「一日」は、イチジツ﹅﹅とも、イチニチ﹅﹅とも読みます。

「一日千」と書きやすいので注意しましょう。

「一日千秋」の使用例

(例)恋人の帰国を一日千秋の思いで待ち続けた。

非常に待ち遠しい気持ちを表すときに用います。

類義語

「一日千秋」に類似した意味の四字熟語として、「一日三秋(いちじつさんしゅう)」「一刻千秋(いっこくせんしゅう)」があります。