雲散霧消(うんさんむしょう)

「雲散霧消」の意味

雲散霧消

読み:うんさんむしょう

意味:あとかたもなく、消えてなくなること

「雲散」は、雲が散ること。「霧消」は、霧が消えること。

つまり、雲が散るように、霧が消えるように、あとかたもなく消えてなくなってしまうことを表しています。

とくに、心の中にあった悩みや疑問、期待などが消えてなくなる場合に用いられます。

「雲」と書くこともあります。

「雲散霧消」の使い方

(例)検診の結果は良好で、病気の心配が雲散霧消してしまった。

悩みや疑問、期待などが消えてなくなることを表すときに用います。