「実る」と「稔る」の違い

異字同訓

「実る」と「稔る」の意味の違い

【実る】実がなる、成果があがる

【稔る】たくさん種を付ける

「実る」と「稔る」は、どちらも「みのる」と読む異字同訓の語です。

「実る」は、中身が詰まっているという意味で、そこから植物の実がなる・実を結ぶことを表します。また、努力や手間をかけて成果が上がる・良い報いがあるという意味でも用いられます。

「稔る」は、穀物がたくさん種を付けるという意味です。

「実る」の使用例

  • ミカンが実る
  • 実りの秋
  • 長年の苦労が実る
  • 片思いを実らせる

「稔る」の使用例

  • 稲が稔る