「捕らえる」と「捉える」の違い

異字同訓

「捕らえる」と「捉える」の意味の違い

【捕らえる】取り押さえて逃がさない

【捉える】握って放さない、理解する

「捕らえる」と「捉える」は、ともに「とらえる」と読む異字同訓の語です。

「捕らえる」は、人間や動物など追及されて逃れようとするものを取り押さえて逃がさないようにすることを表します。捕獲(ほかく)、捕縛(ほばく)。

「捉える」は、何かをしっかりと握って放さないことを意味します。そこから、一度認識したものを見失わないようにするという意味や、的を外さないという意味に用いられることがあります。

さらに、より抽象的に物事を理解・判断するという意味で用いられることもあります。

「捕らえる」の使用例

  • 犯人を捕らえる
  • 密漁船を捕らえる
  • 獲物の捕らえ方
  • 盗人を捕えてみれば我が子なり

「捉える」の使用例

  • 腕を捉える
  • レーダーが敵機を捉える
  • 言葉尻(ことばじり)を捉える〔=相手の言い誤りにつけこんで批難する〕
  • 観客の心を捉える
  • 不安に捉えられる
  • シュートが枠内を捉える
  • カメラが衝撃の瞬間を捉えた
  • 特徴を捉える/要点を捉える
  • 問題の捉え方
  • 真相を捉える