「恐れる」と「畏れる」の違い

異字同訓

「恐れる」と「畏れる」の意味の違い

【恐れる】危険から逃げたいと思う、不安を感じる

【畏れる】圧倒的な存在に対してつつしんだ態度になる

「恐れる」と「畏れる」は、どちらも「おそれる」と読む異字同訓の語です。

「恐れる」は、身の危険を感じてそれから逃げたいと思うこと、あるいは、悪いことが起きないかと不安を感じるという意味です。こわがる。心配する。

こわがるという意味では「怖れる」と書くこともあります。

「畏れる」は、神仏や目上の人物などの圧倒的な存在に対して慎んだ気持ち・態度になることを意味します。

「恐れる」の使用例

  • 敵(災害)を恐れる(怖れる)
  • 死を恐れる
  • 失敗(発覚)を恐れる
  • 天罰(報復)を恐れる
  • 恐れ入る(畏れ入る)〔=申し訳なく思う、感謝する、おどろきあきれる〕
  • 恐らく〔=たぶん、もしかすると〕

「畏れる」の使用例

  • 師を畏れ敬う
  • 神を畏れぬ
  • 自然に対する畏れ
  • 畏れ多い(恐れ多い)〔=失礼な感じがする、身分不相応である〕