七転八起(しちてんはっき)

「七転八起」の意味

七転八起

読み:しちてんはっき(ななころびやおき)

意味:失敗のたびに奮い立って努力すること

七回転んでも、八回起き上がるという意味。

そこから、何度失敗してもくじけずに奮い立って努力することを表します。

あるいは、人生は失敗と成功の繰り返しであるという意味を表すこともあります。

ななころびやおき」と読むこともありますが、その場合には送り仮名をつけて「七転び八起き」と書き表すことがふつうです。

また、似た四字熟語の「七転八(しちてんばっとう)」と混同しやすいので、注意しましょう。

「七転八起」の使い方

(例)彼は、七転八起の精神で辛抱強く研究を積み重ねた。

失敗のたびに奮い立って努力することを表すときに用います。

類義語

「七転八起」と類似した意味の四字熟語として、「不撓不屈(ふとうふくつ)」があります。