傍目八目(岡目八目)(おかめはちもく)

「傍目八目(岡目八目)」の意味

傍目八目(岡目八目)

読み:おかめはちもく

意味:第三者のほうが的確に判断できること

「傍目」は、傍(そば)にいて見ること。

「八目」は、囲碁で八目まで先という意味。

「傍目八目」で、他人の囲碁の対局を傍にいて見ていると八目先まで読むことができるという意味になります。

つまり、関係のない人(第三者)のほうが、物事を冷静に見ることができるので、当事者よりもかえって良し悪しの判断が的確にできるということを表しています。

「傍目」は、「目」と書くこともあります。

「傍目八目(岡目八目)」の使い方

(例)傍目八目というように、一人で考え込まずに他人に相談したらよい。

第三者のほうが物事を的確に判断できる意味を表すときに用います。