三寒四温(さんかんしおん)

「三寒四温」の意味

三寒四温

読み:さんかんしおん

意味:三日ほど寒い日が続いたあと、四日ほど暖かい日が続くという冬の気象現象

もとは、中国北東部や朝鮮半島で見られる冬季の気象現象を指すことばです。

三日間くらい寒い日が続いた後で、四日間くらい暖かい日が続くということを繰り返します。

日本では、二月ころに見られ、三寒四温を繰り返すうちに春になります。

季語として使われることが多いことばです。

「三寒四温」の使い方

(例)三寒四温の時節柄、体調を崩さないようにご自愛ください。

三日ほど寒い日が続いたあと、四日ほど暖かい日が続く天候をあらわすときに用います。